睡眠薬について

 

みなさんは、睡眠薬についてご存知の事は何ですか?

 

睡眠薬=睡眠導入剤。

 

睡眠導入剤は、不眠状態が続いたり、睡眠が必要だと医師が判断した場合に用いられている薬です。

 

睡眠薬は、睡眠時に起きる緊張感や不安感を除去してくれて、寝つきを良くしてくれる作用があるのです。

 

睡眠薬には、いくつかの種類があり、それは薬剤の素になっている化学構造によって、分けられています。

 

1つ目=「ベンゾジアゼピン」2つ目=「チエノジアゼピン」3つ目=「バルビツール酸」4つ目=「シクロピロロン」5つ目=「抗ヒスタミン」になっています。

 

作用時間でも分けることができ、睡眠薬が作用する時間の事です。

 

1つ目=「超短時間作用型」2つ目=「短時間作用型」3つ目=「中時間作用型」4つ目=「長時間作用型」なのです。

 

この中で、1つ目のベンゾジアゼピン系は、睡眠薬以外に抗不安薬として使うこともあるのです。

 

反対に、抗不安薬として日常使われている薬剤や抗精神病薬として使われている薬剤を睡眠導入剤として使用することもあるのです。

 

睡眠薬は、人間の大脳などの中枢神経が興奮状態にあり、眠れない場合に使う薬剤のことです。

 

睡眠薬の作用は、中枢神経の働きを抑制するために、全身麻酔をした状態とよく似ているのです。

 

少量だけを使う場合には、鎮静剤となるのです。

 

睡眠薬は、習慣的に使い続けると、だんだん量を増やしていかないと効き目がなくなっていくので、服用には十分に注意する必要があるのです。

 

睡眠薬を服用する場合には、目覚めが自然であることが最も望ましいのです。

 

中でも、3つ目のバルビツール酸系に関して、特に習慣性があり薬剤耐性が見られるので、注意が必要になります。