良い保険を選ぶ時のポイントは?

一つ生命保険に入った時に、その保険に掛ける支払総額と言うものはとてつもなく大きいものになりますよね。
(汗)しかし、保険の素人なら私達がどうやって良い保険を見分けるのかと言うことがあります。
実は良い保険に出会うための教えと言うものがあるんですよ。
『保有契約高』保有契約高は、保険会社が所有する全ての契約における死亡保険金額の総合計額の事を言います。
保有契約高の増減について調べますと、その生命保険の前年度比などが出ると思います。
ですから、調べてみると良いです。
その生命保険会社の人気とか、信頼性を知ることができます。
ですから、良きパートナーとしてお互い気持ちよく付き合っていですね。
『ソルベンシー・マージン比率』この言葉初めて聞いたと言う人が殆どかと思います。
ソルベンシー・マージンは訳すと、支払余力という意味が強いですよね。
それでは支払余力とは何かと言うことです。
支払余力は、予期しない大規模な損害が発生した場合に、保険会社がその損害に対して保障をしないといけないと言うことですね。
それが「ソルベンシー・マージン比率」と言うことです。
簡単に言うと、その保険会社の支払い能力の充実性を示す比率と言えます。
もっと簡単に言うと、高ければ高いほど良いのです。
(笑顔)。
このソルベンシー・マージン比率の基準としては200%としています。
(笑顔)『ランキング』このソルベンシー・マージン比率は、非常に参考になります。
「ランキング」と「ソルベンシー・マージン比率」と検索をかけてください。
そして、ソルベンシー・マージン比率も書いているランキングを参考にすると良いですね。
(笑顔)