警察官の年収とは?

警察官は、地方公務員の一般職で警察法の適用を受けている方の事を指します。
警察官は年齢・学歴の違いによっても階級が変わりますし年収も変わってくるといえるでしょう。
首都圏・政令指定都市などは年収が上回ります。
警察官の年収の平均としては、820万前後。
上位職についている方もいれば、一般巡査としての職務に就いている方もいますので、一概にだれしもがここまで給与をもらっているとは言い難いところです。
警察官の年収を上げるには、昇進試験を逐一受けること。
また家族の信頼と協力が必要になることでしょう。
警察官は独占業務ですので年収アップを図ることは難しいですが、警備会社へ転職をすることなど警察官だった信用を買ってもらい年収アップをもくろむことは可能だといえるでしょう。
公務員試験の難易度は超難関?【LECの合格できる勉強法とは?】