ミックスローンってなに?

ミックスローンは違う金利を利用するので、一般的には2件の金銭消費貸借契約をすることになります。
要するに金利ごとに別の契約と言うことです。
しかし、手続き的には一つの金融機関で行うので、手間的にはそんなにかかることは無いでしょう。
しかし、覚えておかなくてはいけないのが、金銭消費貸借契約書には収入印紙を貼る費用が借入金額が1通ごとに1,000万円超5,000万円以下までで2万円かかることと、抵当権設定費用もプラスされることです。
そのほかは特に契約書が2通になるデメリットはないと思いますが、あまりにも偏った割合でミックスローンを組みたいという人がもしいた場合は、諸経費が上がることを念頭に置いて検討するのがよろしいでしょう。