本当にレイクの審査は甘いのか?

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息をできるだけ安くする有効な方法と言えます。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

無事に審査通ったら、本人確認証明書や口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが進み、晴れてカードが郵送されてきます。

一方、パソコンやスマホからの申し込みではローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

レイクALSAのキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利となる場合が多いです。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額はレイクALSAの場合、500から800万円が一般的ですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1 200万円と高額です。

一方、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、レイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

レイクALSAのキャッシング審査は割かし通りやすいと言われているので審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査時間が早いなどがあげられます。

とはいえレイクALSAの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

そのようなことよりも、簡単に手続きが完了するかということや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほか、CMに起用されているタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の審査時間の長さや労働条件を解説します。

審査時間の長さですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようで成果を上げることによってボーナスが期待できるのは他の企業と同じですね。

消費者金融というのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると怖いというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりもレイクALSAのほうが圧倒的に多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性の利用者も増えています。

レイクALSAのキャッシングは簡単に借り入れることができ好きなタイミングでATMから返済できるので気軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはいわゆる無担保ローンとなっています。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立てて審査をしなければいけないとなると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピード感が失われてしまいます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され暗い、怖いというイメージを持つ人が多いです。ですがレイクALSAならもちろんそんな心配は全く必要用ありません。大事なのは審査が甘いが厳しいかということです。

引用:レイクの審査は甘い?厳しい?即日審査の窓口【スマホ対応】

バブル崩壊期は法律を無視した反社会的集団による暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

各消費者金融業者の借入れの条件や詳細なデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものとレイクALSAのものと2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

レイクALSAのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

諸々の条件でレイクALSAの方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、レイクALSAのキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが金融機関とはお金を貸すことによって発生する利子でレイクALSAの金利と銀行金利を比較してみると通常はレイクALSAの金利の方が高い場合が多いです。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますから必ずしもレイクALSAのほうが金利が高いとは言い切れません。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、個人の借り過ぎを防ぐために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査時間の短さは非常に高いです。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは銀行の方が能力が高そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合レイクALSAの方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業としているレイクALSAの方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。