本当におまとめローンの審査は通りやすいのか?

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査されこれらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産や返済の遅延、滞納があった人、5社以上から借り入れがある人は、厳しく審査されることになります。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングサービスがあります。

一般的なカードローンとの違いは総量規制の例外貸付が適用されていることや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが申込時に収入証明書が必要になりますおまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

いくつもの金融業者から借入れをしていると返済日が何回もあるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査に通りにくいということも事実です。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付の条件は利用者に有利な貸付であることで貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、貸付利率は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるのでバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも通常のカードローンと同様に審査がありますがおまとめローンだからと言って、審査が甘くなることはありません。

月々の返済総額を下げたいという人は返済が長期化しますから、利息の総額は多くなるのは自覚しておくことです。

毎月の返済額が少なくなると「まだ借りられる」と錯覚する人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

引用:おまとめローン審査が通りやすい?おすすめの銀行【審査甘い?】

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、必ずしも不利になるとは限らないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンで借金をしているということは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンを利用して借入先を1本化することが最優先です。

おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用を考えているほとんどの人が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高がマチマチなので管理しにくいですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンなら多重債務者が有利になるための借り換え商品なので前向きに検討することをおすすめします。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

今の借入残高を証明する書類の有無は、おまとめしてくれる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は早めに必要書類を用意しておきましょう。

おまとめローンの申し込みで一番手軽な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンの審査落ちした人は通らない理由を自己分析する必要があります。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

おまとめローン利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。