医療脱毛の最新機器とは?

現在の医療脱毛の最新機器といえば、6種類あります。
年々新しい効果や、気の利いた工夫をされたものが増えてきていますので、施術の時間もまた痛みにもかなり改良されています。
ダイオードレーザー系であれば「ライトシェア」や「コメット」。
ライトシェアでは、世界初のFDA認証を受けていて、男性のひげでも女性の産毛でも脱毛できるという脱毛器。
痛みが少ないですし、肌の色に関係なく脱毛ができます。
コメットは、ダイオードレーザーだけでなく、高周波のRFも持っている新機種。
毛根に熱を溜めてダメージを与えるのではなく、毛に通らない高周波の特性を生かして、電気を流し毛の近くの高周波密度を高めることで、毛の再生組織にダメージを与える方法です。
白髪でも脱毛できるところが特徴的ですね。
医療脱毛料金高い?エステ費用と比較【安いクリニックある?】